カテゴリ:ムカデ( 8 )

ヤエヤマオオムカデ



石垣島、西表島にはヤンバルオオムカデに似たムカデが生息しています。
ヤンバルオオムカデ同様、水辺を好むようですが、石垣島産の固体(仮ヤエヤマオオムカデ)は特にその傾向があるようで、とんでもない場所から見つかったりします。


b0338817_03471317.jpg




わかりますかね。



b0338817_03475482.jpg



なんと水中にいるのです。
マダラゴキブリが同じような場所に生息し、よく水中に逃げ込むのですが、このムカデも同様の技をもつようです。


写真を撮る間、一度も呼吸しませんでした。
よく見るとゲンゴロウのように気門に気泡があるように見えますが…。どうでしょう。

[PR]
by saru1205 | 2016-01-13 03:37 | ムカデ

もうすぐ、

Twitterでなんとなくムササビ観察の出来事を呟いたところ、リツイート数が四万超え驚くばかり、そしてムササビの可愛い写真目当てでプロフィール覗いた人々がムカデで悲鳴をあげる始末。
無意識に蟲テロしまくってる状態がわりと楽しいです。






世の中かわいいが正義です。女の子も生き物も。




そんなことよりもコイチョウタイガーレッグが親離れしそうです。
b0338817_00495550.jpg




9月から丸二ヶ月、ベビーの生育をムカデの親から私にバトンタッチされるのも近いです。
[PR]
by saru1205 | 2015-11-03 00:50 | ムカデ

ムカデの繁殖

ムカデも生き物ですから、そりゃ殖えます。
親が子離れする最後まできちんと世話をするところは、無責任な親の増えた人間以上かも知れませんが、まぁムカデの場合抱卵中に刺激を与えると簡単にわが子を食べてしまうのでやはりとんでもない生き物なのです。






現在我が家にて三種、計五匹の母親が絶賛子守り中です。




コイチョウタイガーレッグセンチピード
b0338817_09072885.jpg






アマゾンイエローレッグセンチピード
b0338817_09084840.jpg




孵化後
b0338817_09100044.jpg




b0338817_09105640.jpg








この他にアオズムカデも抱卵しているのですが、こいつがまたとんでもないダメ親でして、少しの刺激でも食卵してしまうので絶賛放置中。

アマゾンイエローレッグセンチピードに関しては次の入荷があるかわからないので累代を重ねていきたいところ、


コイチョウタイガーレッグセンチピードは三匹抱卵中です。ムカデは一人の母からだいたい100近くとれるので、我が家は大家族になりそうです。
[PR]
by saru1205 | 2015-10-16 08:52 | ムカデ

Scolopendra hainanum.

b0338817_02511933.jpg


Scolopendra hainanum. from Hong Kong island.


コイチョウタイガーレッグ、コイチョウバンデットオオムカデで流通しているムカデです。

模式産地は学名通り海南島ですが香港など中国南部に広く分布しているようです。



b0338817_02525732.jpg

全く足に模様のない個体もいます。




ムカデばっかだなぁ、タナゴとかドジョウとか採りに行きたい。
[PR]
by saru1205 | 2015-09-09 02:46 | ムカデ

またムカデ-

b0338817_10235061.jpg


ヤンバルオオムカデ by沖縄本島


scolopendra屈指の美麗種ではなかろうか、
なんか一部でアオズと混同しているが、ヤンバルでアオズ地獄を味わえばまず間違えないと思う。

さてさて、残るは某二島のヤンバルオオムカデを採取すれば南西諸島のヤンバルの比較ができるわけです。あんだけ島ごとに分散しているなら分化してると思いますので、

いま島々のムカデが熱い、ムカデファンの皆様、フィールドで合いましょう。



ん?僕?いまとある島に逃亡中です。
[PR]
by saru1205 | 2015-06-21 10:20 | ムカデ

幻のムカデ

さてさて、日本には数えるほどしかありませんが魅力的なムカデが数種存在します。

繊細な美しさをもつアオムカデの仲間。

重圧感漂うオオムカデ達。



その中でも特に異臭を放つのが沖縄本島、ヤンバルに生息するヤンバルオオムカデでしょう。
ハブよりも貴重、なかなかお目にかかれないムカデであり、ムカデ愛好家にとってヨダレダラダラものでございます。

<
b0338817_02272930.jpg
br>


まぁ、無事採取できました。5個体。子供だけど

石垣島同様にすぐ見つかるだろと思いましたが全然いない。


あんまり生き物に幻とか付けるの嫌いなんですよ。業者が付けてるのってわりと現地ではザラ種だったりしますし。

ただヤンバルオオムカデは幻で間違いないと思います。これからも幻のムカデでいてください。



あ、アオズじゃね?とか思ってる方は結構。
[PR]
by saru1205 | 2015-06-03 02:12 | ムカデ

ノコバゼムカデ


b0338817_22143828.jpg



ノコバゼムカデ Otostigmus scaber 福岡市産


東南アジアに広く分布し、日本では沖縄に自然分布しております。

そうです、外来種です。

この個体がどこから来たのかはわかりませんが綺麗ですねー。
大半の方には理解不能だと思いますがね、理解されたくもないですし。
[PR]
by saru1205 | 2015-05-15 22:13 | ムカデ

ムカデの話

最近ムカデに心酔しています。

きっかけは前回の石垣島旅行です。
旅行前になんかでっかいムカデの話を聞いて半信半疑で探したところ、とんでもないムカデが出てきたわけです。

思えば魚にハマったのも、でっかいドンコみて「なんじゃこれ!」ってなってからです。
どうやら初見でビビビッときた奴には、とことんハマる傾向があるようです。

別にムカデに浮気したわけではありませんよ?



b0338817_02584524.jpg

アオズムカデ Scolopendra japonica

トビズムカデ Scolopendra subspinipes mutilansと違ってめちゃくちゃおとなしい。てかサブスピとデハーニ、南米集団が凶暴すぎなんです。

よく沖縄以外でヤンバルオオムカデ見たってのはアオズムカデだとおもいます。色だけで見分けるなど愚かな!っと言いたいところですが…。信用できる学術的な論文が日本にほぼ無い…。てか無い。

というのもムカデ自体、オオムカデに限っても収拾がつかないほど爆発的に分化しており、分布域も南北、新大陸、旧大陸問わずいるので世界中を飛び回らなければならないw
まぁ、好きな人達があーでもないこーでもないと議論(笑)をして、共通の認識が持てればそれでいいかと。
[PR]
by saru1205 | 2015-05-04 02:48 | ムカデ


山、水辺、ets…の生物記です。tomokidayoremarkあっとやふー.co.jp


by こぺんた

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
その他
フィールド 
ムカデ

以前の記事

2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月

お気に入りブログ

雑草好きのブログ
こぺんたの生き物図鑑

メモ帳

最新のトラックバック

コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アマガサ咬症
at 2016-09-05 18:04
オカメワラジムシの一種
at 2016-04-21 06:05
早春
at 2016-04-14 06:01
ヒメハブ
at 2016-03-15 04:42
クボハゼ
at 2016-02-27 23:02

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧